So-net無料ブログ作成
検索選択

内館牧子の病気は何か?顔が怖いという声が。

脚本家の内館牧子氏が7日、都内で行われた第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式に車椅子姿で登場。右足は痛々しいギプス姿で、桜を見とれて転倒し、右足の基節骨、中足骨を骨折していることを明かした。

講評の際、内館氏は「昨年は風邪をこじらせて肺炎になってしまいまして欠席いたしました。今日は、この体たらくです」と嘆いた。

4月6日に六本木・桜坂で満開の桜を見ていたところ、段差に気が付かず転倒したという。

診断は右足の基節骨、中足骨の骨折。「足の甲を形作る骨が複数本折れて、ずれていた。

全身麻酔でやる手術は辞めまして、ギプスで治す」と治療方針を語っていた。

そのため、外でする仕事はほどんど断っていたという。

内館氏は第1回から同行事の審査員を務めているが、昨年の授賞式を欠席。

「この仕事は去年も来ていない。こうなると2場所連続休場になりますので稀勢の里にも恥ずかしいので、なんとしても来ようと思いました」とジョークを飛ばすほどの余裕を見せた。

「看護師の方にもお礼を言いたかった。みなさんに、ご迷惑をかけながら来ました」と苦笑いしながら「病気やケガを経験しますと看護師の力が自分の力になっていくことを実体験する。ですから、これほどまでの責務と能力を持つ看護職の方の待遇がよりよくなりますように。またそうすべき職種であるということを現役患者を代表して、ここで最後にお願いしておきます」と訴えていた。

そんな、内館牧子の病気は何か?

調べてみました。


スポンサードリンク







内館牧子の病気は心臓弁膜症

内館さんは2008年に心臓弁膜症という病気で4か月入院したようです。

この時は緊急入院だったようで非常に緊迫した状況だったようですね。

この病気は心臓にある4つの弁のうち2つ以上が機能障害を起こす病気のようです。

やはり心臓という大事な器官なので早めの対応で難を逃れたようです。

現在は特に後遺症などの話は出ていないようですね。


スポンサードリンク







内館牧子のプロフィール

誕生日:1948年9月10日

出身:秋田県 秋田市

内館さんは出身は秋田ですが父の転勤が多く何度か引っ越しているようですね。

4歳から新潟で過ごし小学3年には東京に住んでいたようです。

ちなみに大相撲に興味を持ったのは過去の経験があったからのようです。

小さいころはいじめられっこで体格の良い男の子に助けてもらったそうです。

そのことがきっかけで体の大きい男子は優しい!

と意識に刷り込まれたそうです。

以上「内館牧子の病気は何か?顔が怖いという声が。」でした。


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。