So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイルド・スピードスカイミッションのキャストとストーリー・ネタバレは?

2017年4月28日(金)21時日本テレビの金曜ロードSHOW!で「ワイルド・スピード スカイミッション」地上波初放送されます。

キャストとストーリー・ネタバレはどうなっているのでしょうか?

調べてみました。

ストーリー・ネタバレ

・オープニング
ドライブの空撮、引きの撮影で、自動車の軌道に合わせてタイトルが浮かび上がるオープニング。

運転席にはドミニク、助手席には記憶を失くしたドミニクの恋人レティ、ユーロミッション後平穏な日々を過ごすこのドライブで2人が訪れた先は、シリーズ1作目で登場したストリートレーサーのビッグイベント「レースウォー」。

ドミニクはレティが記憶を取り戻すきっかけになるのではと考えて連れてきたのだ。

2人を歓迎するかつての友人たちに囲まれるが、レティは記憶が戻るどころか断片的な記憶のフラッシュバックに取り乱し、レースウォーを後にする。

・ホブス、まさかのかませ犬!?
所変わってホブスの働くオフィス。

ハンコを押す仕事で残業中のホブスがちょっと席を外して戻ってくると、自分のパソコンを触る人影に気づき警告。

この不審者は前作の敵ボスだったオーウェン・ショウの兄、デッカード・ショウ。

弟オーウェンの敵をとるため、ドミニクらの情報を盗みに潜入していたのだった。

ホブスとデッカードの激しい肉弾戦が勃発。デッカードは一瞬の隙をついて脱出し、オフィスを爆破する。

ホブスは重傷を負って入院を余儀なくされる。


スポンサードリンク







・つかの間の平穏な日々、突然の仲間(家族)の訃報
舞台はドミニクの妹のミアとブライアンが暮らす家へ。

子どもをチャイルドシートに乗せてミニバンを運転するファミリーパパなブライアンを見て、ドミニクが茶化すなど穏やかな日々が流れる。

また、ミアは二人目の子を身ごもっているが、まだブライアンには打ち明けられていない。

そんな中、彼らの家にハンからの荷物を装った爆弾が届き爆発、日常を文字通り爆破する悲劇が襲う。

ほどなくしてハンの訃報がドミニクのもとへ。ハンの死の真相の手がかりを得るため東京へ。

ハンの弟子ショーンから遺品(ジゼルの写真とチョーカー)を受取って帰る。

ハンの葬儀がしめやかに行われる中、参列したドミニクらファミリーをデッカードが急襲。

ドミニクが追うが逃がしてしまう。

・敵の正体はデッカード・ショウ!そして謎の協力者Mr.Nobody。
入院中のホブスに呼び出されたドミニクは、一連の事件の犯人について知らされる。犯人はデッカード・ショウ。

元イギリス特殊部隊に所属する最強の殺し屋だった。

ホブス曰く、「誰にも手が付けられない相手だから、手を出すな」。

ドミニク達が迷走する中、ミスターノーバディと名乗る極秘組織の老人がデッカードを探すのにうってつけの、最強の検索システム「神の目」を提供すると持ちかける。が、当然タダではない。

この「神の目」を作成した天才ハッカー(ラムジー)がジャカンティをリーダーとするテロ組織に拉致されていて、このままではシステムはテロに利用されてしまうため、なんとしてもエンジニアを奪還してほしいという作戦の成功報酬としてである。

・ファミリー集結!ラムジー奪還作戦会議
ミスターノーバディの設備にドミニクらファミリーが集結し、作戦会議が始まる。

テロ組織はアゼルバイジャンの山間部を武装した車両で移動することがわかっているが、地形のせいもありなかなか作戦は決まらない。

ひともんちゃくあってローマンが多分適当に指差したポイントから攻めることに決定。

・スカイミッション敢行!ラムジー奪還作戦。
ローマンの指したポイントは道の前からも後ろからも攻めたところで簡単に見つかってしまう。が、そんな場所だからこそ敵は油断しているはず。

アプローチできる方法はただひとつ、空からの強襲。輸送機に積み込んだ車両にパラシュートと装着して降下させるという前代未聞の作戦。

ファミリーが降下していく中、ローマン一人だけがダダをこねて遅れて降下。

ラムジー奪還作戦はローマン抜きでスタートする。作戦の最中、またもデッカードに狙われるファミリー。

一度に二つの敵を相手にするハードな展開になるも、なんとかラムジーの救出に成功する。

・アブダビでパーティー!
無事に天才ハッカーのラムジーを救出したドミニク達。

肝心の「神の目」のデータはどこにあるかと言えば、危機を察知したラムジーがアブダビにいる友人の所へ自動車のパーツに隠して送ったのだという。

「神の目」を追ってメンバーはいざアブダビへ向かい、その友人にパーツのありかを聞き出すと、「王子に売っちゃった!」というトンでも展開!!

取り返すために高層ビルの最上階で開かれる王子主催のパーティに潜入し、こっそり盗み出す計画を実行する。が、結果としてこっそりどころではない、世界一派手な強奪方法で「神の目」をゲット。

これでデッカードを見つけ出せるぜ!

・追い詰めたと思ったのに!
ミスターノーバディの約束どおり「神の目」を使い、デッカードの居場所を速攻、本当に速攻で突き止め、デッカードの隠れ場所に攻め込んだドミニク達だったが、デッカードはジャカンティのテロ組織と手を組んでいたため激しい抵抗に合い、撤退を余儀なくされる。

ミスターノーバディも負傷した。

さらに悪いことに「神の目」もデッカードとジャカンティの手に渡ってしまった。

・ロサンゼルス決戦!ホブスも超回復で復帰!
「神の目」を奪われ、ドミニク陣営の情報は今や丸見え、丸腰も同然の状態。でもファミリーを守るには戦って勝たなくてはならない。

ドミニク達はホームタウンのロスならストリートが味方になってくれるというわずかな可能性にかけ、戦いの舞台をロサンゼルスへ移す。

デッカードはドミニクを追い、ジャカンティはラムジーを狙う、デッカードらにすれば前半のリベンジとも言える展開。デッカードとドミニクがタイマン真向勝負の一方、ジャカンティらは軍用ヘリと最新型の無人航空機ドローンでミサイルをぶっ放すなど圧倒的な火力でブライアン達を苦しめる。

・再び平穏の日々へ
ブライアン達はラムジーのハッキングによって「神の目」の機能を停止、ジャカンティの乗ったヘリの撃墜に成功。ドミニクも激闘の末、デッカードを倒しホブスに引き渡す。デッカードは刑務所の独居房へ送られる。平穏な日々を取り戻したドミニクらファミリー。ミッション成功の知らせを聞いて、ブライアンの妻でドミニクの妹であるミアは、二人目の子どもを身ごもっていることをようやくブライアンに打ち明ける。ラストシーン恒例のドミニクとブライアンの併走シーンでは、最後、別々の道を選んで走るそれぞれの姿があった。


スポンサードリンク







キャストは

下記のようにワイルド・スピードスカイミッションのキャストになります。

【キャスト】
<ドミニク(ドム)・トレット> ヴィン・ディーゼル(楠大典)

<ブライアン・オコナー> ポール・ウォーカー(高橋広樹)

<ホブス> ドウェイン・ジョンソン(小山力也)

<レティ> ミシェル・ロドリゲス(甲斐田裕子)

<ローマン> タイリース・ギブソン(松田健一郎)

<テズ> クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(渡辺穣)

<ミア> ジョーダナ・ブリュースター(園崎未恵)

<ジャカンティ> ジャイモン・フンスー(立木文彦)

<キエット> トニー・ジャー(浪川大輔)

<カーラ> ロンダ・ラウジー(佐古真弓)

<ラムジー> ナタリー・エマニュエル(坂本真綾)

<ミスター・ノーバディ> カート・ラッセル(大塚芳忠)

<デッカード・ショウ> ジェイソン・ステイサム(山路和弘)

以上「ワイルド・スピードスカイミッションのキャストとストーリー・ネタバレは?」でした。


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。