So-net無料ブログ作成
検索選択

中田吉光が情熱大陸で紹介。プロフィールや息子は?


4月2日23時よりTBS系で「情熱大陸」で、青森大学男子新体操学部監督の中田吉光さんが紹介されます。

「リオ帆輪閉会式で大喝采!日本初"美しすぎる男子新体操"を生んだコワモテ大学教授に密着。」とあるように、あの昨年のリオオリンピック閉会式で美しいパフォーマンスを行い、大絶賛された青森大学新体操部の監督を勤めてます。

今回はそんな青森大学男子新体操部の監督である中田吉光さんについて、調べてみました。

ホームページ紹介文

2016年リオ五輪閉幕式で話題をさらった"トーキョーショー"。

中でも一糸乱れぬダイナミックかつ美しいパフォーマンスで大絶賛されたのが青森大学男子新体操部の選手たちです。

部員37名、全日本学生選手権では負けなしの15連覇中という超強豪校で"男子新体操と言えば青森大"と言われる存在だ。

2002年の創部以来、彼らをここまで育て上げて来たのが監督の中田吉光。

自らも中学生の頃から新体操一筋だった中田の夢は男子新体操を世界に広めることだが、日本発症のスポーツである男子新体操は世界統一ルールがなく、国際大会は行われない。

当然プロもなく、学生たちが卒業後に新体操で生活していくのは困難でした。

そんな状況を打開すべく7年前、青森大学の卒業生でプロパフォーマンスグループ「BLUE TOKYO」を結成。

新体操とダンスを融合させた異色の舞台は大人気となります。

さらに新体操部の競技大会の映像がYouTubeで爆発的な動画再生回数を叩きだしたことをきっかけに今ではCM出演や、ヨーロッパのパフォーマンスイベントなどからもきっかけに今ではCM出演や、ヨーロッパのパフォーマンスイベントなどからも声がかかるようになり、あの世界的エンターテイメント集団「シルク・ド・シレイユ」団員を輩出するまでになりました。

中田は世間の注目を浴びた理由を「(競技として)日本一であり続けているから」と考える。

競技として他校に勝ち続けることと、世界を感動させるパフォーマンスを生み出すことの両立。

その偉業の裏には、中田にしか持ち得ない発想力と行動力、そして一教育者としての熱い思いがあった。

卒業と入学を迎える春の訪れと共に、中田は部員たちに何を伝えるのか。

世界基準に選手たちを育てた熱血指導者の魅力とその秘密に迫る。


スポンサードリンク







中田吉光プロフィール

名前:中田吉光(なかた よしみつ)

生年月日:1966年1月

出身地:青森県青森市

学歴:国士舘大学体育学部体育学科卒業

職業:青森短期大学勤務・青森大学新体操部監督

中学生の時に新体操を始める。

国士舘大生の時に全日本新体操選手権大会二連覇、卒業後には香川県の高校で教職に就き新体操部の監督として全国大会優勝5回、準優勝10回に導く。

2002年、それまで同好会しかなかった青森大学に新体操を創設し監督に就任すると1年目で全日本学生選手権優勝。

以来、現在まで前人未到の15連覇中。

ファッションデザイナー・三宅一生とのコラボレーション公演を始め、競技以外の場でも注目を集めている。

練習中は怒号が飛び交い指導者として終始厳しい顔を見せるが、大の酒好きで20歳を越えた部員を居酒屋へ誘うこともある51歳。


スポンサードリンク







中田吉光に嫁や息子はいるの

調べてみましたが、どうやら中田さんが結婚しているか、子供がいるかどうかはネット上では分かりませんでした。

51歳であるので、結婚している可能性もありますが、もしかすると独身なのかもしれません。

2日放送の「情熱大陸」で家族がいるのか、分かるかもしれません。

以上「中田吉光が情熱大陸で紹介。プロフィールや息子は?」でした。


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。