So-net無料ブログ作成
検索選択

松方弘樹、脳リンパ腫で死亡。その原因と早期発見方法は?

松方弘樹が21日、亡くなっていたことが分かりました。

死因は脳リンパ腫という病気だそうです。

この脳リンパ腫とは一体どんな病気なんでしょう?

この病気と原因と早期発見方法を伝えたいと思います。

脳リンパ腫の原因は?

脳リンパ腫は正式には中枢神経原発悪性リンパ腫ともいいます。

血中のリンパ球が脳で異常に増えてしまい悪性リンパ球となってしまう脳腫瘍の一種です。

血中のリンパ球が異常に増え、ガン化してしまい、リンパ腫という腫瘍を作ります。


このリンパ種の形状や性質は大きく分けて2種類に分類されます。


・ホジキンリンパ腫

・非ホジキンリンパ腫


に分かれます。

日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫の方で全体の90%を占めるそうです。


残念なことに非ホジキンリンパ腫はホジキンリンパ腫に比べ治療が難しく、リンパ腫が全身に広がる可能性も非常に高いそうです。


中高年に発症することが多い病気ですが、免疫力が低下している若い人へも発症するケースがある為、注意が必要みたいです。


スポンサードリンク







早期発見方法や予防は?

今回の脳リンパ腫の予防策や早期発見する為にはどのようにすれば良いのか?


残念なことに脳リンパ腫の予防策はないそうです。


そもそも様々な要因が重なって起こる病気なので生活習慣を正す他効果的な予防策はないと思います。


ですので、早期発見がとても大事になります。


早期発見の為には病院に行って検査を受けることが一番確実ですが、実は悪性リンパ腫は自分でもある程度発見できる病気みたいです。


悪性リンパ腫になると、体中のリンパ節が腫れて膨張します。


通常の2mm程の大きさのリンパ節が5mm以上にまで腫れて膨張すると、手で触っても分かるくらいなので、もし違和感を感じたらすぐに病院で検査を受けることをオススメします。


スポンサードリンク







なお、リンパ節が集中している体の箇所は以下のとおります。


・耳たぶの下にある耳下腺リンパ節

・首まわりにある頸部リンパ節

・鎖骨にある鎖骨リンパ節

・脇にある腋窩リンパ節

・おへそ周辺にある腹部リンパ節

・ふとももの付け根にある鼠経リンパ節

・膝周りにある膝窩リンパ節


があります。


上記箇所のいずれかがいつもと違い腫れたり違和感を感じるようなら、リンパ節炎の可能性もあるようですが、後の為にも早めに病院で検査したほうがいいでしょう。

以上「松方弘樹、脳リンパ腫で死亡。その原因と早期発見方法は?」でした。


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。