So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央は引退か?海外の反応は?

12月25日に行われたフィギュアスケートの全日本選手権で浅田真央がジャンプのミスが相次いで総合174.42点で、事故最低の12位になりました。
平昌五輪シーズンとなる来季も現役続行と意識しているようです。

海外の反応で、韓国ニュースでは、「引退時期を逃したようで惜しい気持ち」という声も。

来季も現役続行へ

今回の全日本選手権で事故最低の12位になってしまい、世界選手権から落選してしまいました。
インタビューでは、「最高の演技を2本そろえることができなくて、少し悔いが残っています」、「自分の演技に納得がいかない。声援をパワーに変えて恩返しできなくて悔しいです」と語り、現役を続けるかと問われ、「そうですね、はい」と述べており、今季の今後の試合については、「試合がまだ終わったばかりなので分かりません」と話したそうです。


スポンサードリンク







惜しい気持ちという海外の反応も

海外の反応で、韓国ニュースで

・引退時期を逃したようで惜しい気持ち

・まだ引退していなかったの? 努力するね

・選手生活を続ける浅田の意志に拍手したい。金メダルを首にかけてはできなかったが、最後まで挑戦して努力する姿がいい。

・不振だなんていつもああだが。

・浅田はさらにみすぼらしくなる前に引退する。

・五輪で銀メダル取ったと、そんなに悲しそうに泣く子は浅田真央が初めてだった。それくらい熱心にしてもキム・ヨナ勝てなかった自分自身に対する失望と悲しみもあるだろうし、自国の全面的な支持に恩返しできなかった恐怖もあったはず。とにかく苦しみながら続ける理由は分からないが、もう止めよう。

・マスコミが育て、マスコミが競争させて、マスコミが台無しにした選手。

・キム・ヨナを追いかけ、橋が崩れたケース。

・全盛期からずいぶん経つのに、依然として不振なのは技量の下落。

・それでも平昌で浅田真央を見るのが願いではあるが、キム・ヨナと対決していた時代が一番面白かった。

・なんだか寂しい背中を見るようで、胸が痛いね

・年を取れば、バランス感覚が下がるのは当たり前。特に、氷の上のフィギュアは選手寿命が短い。

・引退時期を逃したようでもどかしい・・バンクーバーオリンピックの後に引退していれば良かったのに。

・可哀想だ... 本人は何度も引退したいと言ったがスポンサーが許さなかったとか

・引退しろ、こうなれば情熱ではなくて執着だ。

・引退しないか?

など、さまざまな反応をしています。


スポンサードリンク







まとめ

今回の全日本選手権では残念な結果になってしまいました。
周りからは、引退と言っている人たちがいっぱいいましたが、納得がいくまでやってほしいですね。
以上「浅田真央は引退か?海外の反応は?」でした。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。