So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

須藤凜々花の父親の会社名や事業は!?飲食店か?

6/22(木)14時頃のニュースで、NMB48の金子剛劇場支配人は22日、グループの公式ブログを更新。17日に沖縄で行われた『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントのステージで結婚宣言し、波紋を広げているNMB48の須藤凜々花(20)の騒動について、「ご心配をおかけしており申し訳ございません」と謝罪してました。

須藤凜々花の騒動はいろいろ続きますね。

そんな、須藤凜々花の父親の勤めている会社名は何でしょう?

飲食店という声が

いろいろ調べてみました。


スポンサードリンク







須藤凜々花の父親の事業や会社名

須藤凜々花さんの父親ですが、飲食店グループを経営されていたそうです。

つまり、須藤凜々花さんの父親は事業主、須藤凜々花さんは社長令嬢だったわけですね。

2017年現在、飲食店グループを経営している、「須藤」という名字の人も、結構いますので、その会社名と事業主を紹介します。

例えば、株式会社ニッコクトラストの代表取締役、須藤高志さん。

ニッコクトラストは、給食事業で国内上位の会社です。

この須藤高志さんは、年齢も、須藤凜々花のお父さんだとしても不思議ではないくらいなので、「もしや本当に父親では?」と思われているふしもあります。

また、バブルスター株式会社の代表取締役は、須藤晃通という方です。

バブルスターは、新食感でカラフルな業務用ゼリーの生産・販売を手掛ける新進気鋭の企業。

須藤凜々花さんの父親は、飲食業界の風雲児と表現されることがあるので、このようなベンチャー事業主の可能性も高いです。

ただ、須藤晃通さんは父親としては少し若いかな、という印象です。

他にも、飲食店「折衷」の代表取締役も、須藤さんという方です。

こちらは一店舗のみの小規模な経営なので、おそらく須藤凜々花さんとは関係がないと思われます。

須藤凜々花さんのエピソードを聞いていると、尋常ではないお金持ち具合なので。


スポンサードリンク







須藤凜々花の父親の事業や会社名は、「須藤」という名字の飲食経営者はたくさんおり、その中でも、給食事業を手掛けるニッコクトラストの社長の須藤さんは、りりぽんの父親として有力視されているという話をしました。

しかし、一方で、須藤凜々花の父親の経営する会社は倒産した、というウワサも流れています。

須藤凜々花さんは、幼少期、とても裕福な生活を送っていました。

毎日のようにタクシーでディズニーランドへ行ったり、夜ご飯はふぐ刺しやうな重ばかり食べていたりと、かなりリッチな日々を送っていたようです。

しかし、それも小学2年生の夏までで、急遽、それまでの豪邸から四畳半の部屋に引っ越し、貧乏生活がスターとしたといいます。

この話が本当なら、小学2年生の頃に、父親の会社が倒産、またはそれに近い危機に見舞われたとも考えられますね。

須藤凜々花さんが小学2年生だったのは2004年、その頃は確かに、飲食業界に不況の波が押し寄せています。

BSE(狂牛病)問題が猛威を振るっていた時期でもあり、外食産業の売り上げは20%も減少したといわれています。

5月末には、上場直前といわれた、ソーホーズ・ホスピタリティ・グループが倒産。

他にも韓国でココスが倒産したりもしました。

ただ、倒産した飲食事業主が、「須藤」さんだという会社は、調べた範囲では見つかりませんでした。

もしかすると、須藤凜々花さんの父親は、ソーホーズグループの幹部クラスだったのかもしれません。

以上「須藤凜々花の父親の会社名や事業は!?飲食店か?」でした。


スポンサードリンク




前の1件 | -